主婦のためのカードローン

審査をパスするコツ

カードローンの利用を考える方にとって、審査は大きな通過点になります。
初めて利用する方や過去に他の金融機関で審査に落ちた経験がある方については、手続きをするだけでも過大な労力を使いますよね。
とは言え、借り入れをしたいのであれば審査を避けて通ることはできません。
では、どうすれば上手く通過できるのでしょうか?
基本的なことを言えば、ローン審査では「この人にお金を貸しても大丈夫か」という判断をされます。事前に提出しなければいけない情報項目の中には金融取引の履歴、年齢、年収、住居形態などがあるのですが、各金融機関はまず、これらに虚偽が無いかの確認に取り掛かるわけですね。

流れを簡単に説明すると、各金融機関は加盟している信用情報機関に対象者の過去の借入履歴の調査を依頼します。ここで、返済が遅れたことは無いか、踏み倒してはいないかという事情を調べられ、審査の第一段階が終了となります。
また年齢や年収、住居形態に関しては、機関が独自に作成した「過去に返済が遅れた、または踏み倒した人の統計データ」と照らし合わせてひとつの基準としています。
これが俗にいう「属性モデル」なのですが、傍目からすると疑問を覚えるものですよね。

以上の段階を経たのち、今度は電話などでの直接確認をして契約の運びとなるわけですが……正直なところ、信用情報機関の調査、属性モデル判断審査、この二つについては個人がどうこうできる問題ではありません。
どうしても審査を通過したいという方は、最後の事実確認でしか主張ができないわけです。
ネット審査に関しては「入力した文字」だけが判断基準です。
とは言え、いくら上手く誤魔化そうとも各金融機関はきっちりと調査をしてくるので、虚偽や誤りの情報を提出する方が審査には落ちます。
どこでもそうですが、嘘をつく人にお金を貸そうとは思いませんからね。

これは極端な例ですが、電話番号の数字を1つ間違えてしまっただけでも連絡は取れません。すると、たとえ故意でなかったとしても「やましいことがあるから、嘘の電話番号を書いたのでは?」と金融機関は判断してしまいます。
ネットからの申込は本当に手軽ですが、こういった難点もあるので気を付けなければいけないんですね。
皆さまも審査を申し込む際には、借入履歴はもちろんのこと、住所や名前、電話番号にも間違いがないかをきちんとチェックしましょう。
 
...