主婦のためのカードローン

銀行系カードローンサービスとは

銀行が提供する資金融資サービスのひとつに、カードローンというものがあります。
これは、あらかじめ契約した貸出枠の範囲内であれば融資を受けられるというもので、銀行側が発行する「ローン機能が付帯した専用のカード」を使用して行います。
なお銀行カードローンには法人向けと個人向けの2種類があり、個人向けのカードローンに関しては保証人や保証料、担保が不要のものが多いというのが特徴的。
融資額は各種取扱機関やローンの種類にもよりますが、10万円~500万円程度と幅広く設けられています。

○カードについて
こちらは、各金融機関が独自に発行しています。
種類としては、キャッシング専用のカードと、普段利用している銀行口座のキャッシュカードにローン機能を付属させたものの2つがあり、利用者側で選ぶことが可能。
手続きはキャッシュカードにローン機能を付けたものの方が早く済む傾向にありますが、近年ではそれよりも手軽なインターネットバンキング(カード不要の融資)を提供する金融機関も増えています。

○メリット
銀行カードローンの一番のメリットは、金利が低いところにあります。
これは各金融機関や融資を受ける額によって変動しますが、低いところでは年利が5.0%を下回る場合も。
あとは、ローン返済に用いている普通預金の残高が不足した際に、利用可能な範囲額から自動的に融資をしてくれるという嬉しいサービスもあります。

○デメリット
安心で安全、金利が安いという反面、銀行のカードローンには「審査が厳しく時間が掛かる」というデメリットがあります。
審査に関しては特に、消費者金融、信販会社と比べるとややこしいですね。
また、変動金利制度を導入している金融機関は、情勢によって金利が高くなるということも難点として挙げられています。
 
...